隣国である中国と私たちはこれからどうつきあって行けばいいのか。一緒に勉強しましょう。


by shinoper

中国人の裸に対する嫌悪感

私にとって大変不思議なのが、トイレが、あれだけオープンであるのに、中国人は、裸を異常に毛嫌いをする民族のようである事です。

1927年に魯迅は、「短い袖を見ると、すぐに白い腕を想像し、全裸を想像する。それは、生殖器に結びつき、性交、交配、私生児となるのである。中国人の想像はこのように飛躍するのである。」と書いているそうです。

1927頃であれば、日本に置いても裸に対して、かなり厳格で有ったとは思いますが、中国では、未だにかなり激しい嫌悪感を示すようです。

ネットで、おもしろい年表を見つけました。

日本の美術モデル史

中国の美術モデル史

この年表を見ても、中国人が未だに裸に対して、嫌悪感を持っていることが伺いしる事ができると思います。


日本人は、お祭の時には、男子は「裸で褌一枚」という格好をします。
私たちはその裸から、神聖、勇壮をイメージしますが、
中国人は、野蛮、下品を連想するようです。
[PR]
by shinoper | 2007-07-27 19:13 | 中国事情